今年のファイナルは女子シングルスの試合に注目しています

フィギュアスケート、グランプリシリーズが終わりそれぞれのカテゴリーでの上位6名、6ペアで行われるグランプリファイナルがいよいよ今週末行われます。昨シーズンのグランプリファイナルは男子シングルスに注目して見ていました。

宇野昌磨選手、ネイサン・チェン選手など20歳前後の若手の選手が出場し、いったい誰が優勝するのか分からない混戦模様だったので最後まで目が離せませんでした。結果は僅差でネイサン・チェン選手が優勝し、2位は宇野選手、3位がコリヤダ選手と次世代を担う選手たちが表彰台に上がりました。

今シーズン、宇野選手とネイサン・チェン選手が出場しますが2人の実力はシーズンベストや演技構成を見る他の4選手より上回っているため2人の接戦が再度見どころです。そして、今シーズンはシニアデビューした日本の紀平選手がグランプリシリーズ2戦2勝と好成績を収めファイナル出場を決め、一気にトップ6の仲間入りをしました。

注目のザキトワ選手!他にも多数の注目選手が

昨シーズンはロシアのザギトワ選手がシニアデビューで2戦2勝。グランプリファイナルも圧勝で制し、その後の平昌オリンピックでも金メダルに輝きました。しかし、平昌オリンピック後に急激に身長が伸びたことから今シーズンは昨シーズンほどジャンプが安定していません。

悔しそうな表情をすることも多く、成長期の体と戦っているような気がします。それでもオリンピック女王にふさわしい素晴らしい演技ですし、身長が伸びたことでさらに見栄えも美しく表現面でも大人っぽさが出てきました。

なので少しのミスでもさらりと優勝してしまう強さがあります。一方、紀平選手はトリプルアクセルジャンプが武器です。トリンプアクセルを失敗してもその後のジャンプが安定していて他の面でも優れていて大崩れはしていません。

今シーズンはショートプログラムでジャンプの失敗が続いていますが、ファイナルでノーミスの演技をするともしかしたらザギトワ選手に迫る高得点を出せる可能性があります。2人は同級生でジュニア時代を闘ってきたわけですが、誕生日の関係で一足早くシニアデビューしたザギトワ選手に紀平選手が追いつきそうな勢いを感じます。

さらにロシアのトゥクタミシェワ選手も紀平選手と同様、素晴らしいトリプルアクセルジャンパーです。大技に挑戦する選手が同じ時代に2人もいるというのはとても珍しいの事なのでどちらが多くのトリプルアクセルを決めるのかと言う事も気になります。